実務別技術文書セミナー−わかりやすい技術文書の作成手法




実務別技術文書セミナー(出張開催形式)わかりやすい技術文書の作成手法」は、業務で作成する機会の多い文書に応じてコースを選択いただけます。

  • HTML版」または「PDFファイル版(実施費用参考例付き」をご覧ください。
.
.




数〜10ページ程度の試験報告あるいは図、グラフを多用しページ数が多い調査報告を作成する機会が多い方々にお薦めします。



製品解説、仕様書、技術解説などを作成する機会が多い方々にお薦めします。

.
.




ページ数が多くかつ報告文書、解説文書などさまざまな技術文書を作成する機会が多い方々にお薦めします。



報告文書、機能仕様書の書き方・まとめ方を中心にして構成しました。開発に伴う各種の報告書や機能仕様書を作成する機会が多い方々にお薦めします。

.
.




機能仕様書を作成しさらには機能証書からユーザを読者対象とした製品解説をまとめる機会が多い方々にお薦めします。



「ユーザ向けの製品解説、取扱い解説を作成する機会が多い」あるいは「メールでユーザサポートをする機会が多い」方々にお薦めします。

.
.






  • 上記セミナーは、当社の関連サイト 「わかりやすい技術文書・ビジネス文書の作成手法www.yamanouchi-yri2.com」と基盤になる考え方は同じにしていますが、実務知識と事例を中心とした別構成・別内容です。当社サイトに公開しているスライドとの重複は5%程度です。


    当社サイトで公開の内容

    出張開催セミナーの内容

    主 旨

    「テクニカルライティング」にご関心をもっていただくとともに実務に応用する際のきっかけにしていただくこと

    テクニカルライティングの共通基礎とともに目的(報告書、製品解説、機能仕様書など)に応じた技術文書を作成するための実務知識と活用できる事例の提供

    対象となる技術文書と
    内容の範囲

    技術文書あるいはビジネス文書を作成する際の共通の考え方

    実際の技術文書を作成するための知識と陥りやすい課題への具体的な対処方法

    収録した事例

    テクニカルライティングの基礎を解説するための抜粋例

    • 主に陥りやすい事例を抜粋しました。

    • 見直し方および見直し例は割愛しました。

     

    各種の技術文書に応用できるオリジナルの事例

    • テーマごとの陥りやすい事例、見直し方および見直し例で構成されています。

    • 技術文書を作成する際 あるいは見直す際の手引きとして活用できます。

     







 
.

技術文書の1stステップ

 

当社の実務別技術文書セミナー
わかりやすい技術文書の作成手法との違い

テクニカルライティングセミナー「技術文書の1stステップ」の各編は、技術文書を作成する際の共通基礎を主体に構成されています。

対して、「わかりやすい技術文書の作成手法」の各編は文書目的ごとに「いかに文書を構成し、まとめるか 」を主体に構成されています。


  • 技術文書の共通基礎と「要点がわかる」文書作成のポイントを解説します。


.

技術文書の1stステップ+技術メール編


 技術文書の1stステップ+ビジネス文書編

  • 「技術文書の1stステップ」に技術メールのポイント、敬語表現の使い方を追加した拡張版です。


  • 「技術文書の1stステップ」にビジネス文書(社内文書・社外文書)の基本、敬語表現の使い方を追加した拡張版 です。
.

 


 



テクニカルライティングセミナー開催概要(出張開催研修)−わかりやすい技術文書の作成手法
Copyright: Takaaki-YAMANOUCHI/1995-2017
山之内孝明/(有)山之内総合研究所
Takaaki Yamanouchi/ Yamanouchi Research Institute, Ltd.
 takaaki@yamanouchi-yri.com